山の案内人阿部源

登山ガイドの夫と共に行くいろいろな山の様子を主に見ていただきたいと思います。そして山の景色や花などをいっしょに楽しんでいただければ幸いです。また、普段の生活で感じたこや家庭菜園の様子などもアップしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

コロナの影響

基本的な感染予防策の徹底を!

全国的なコロナの爆発的な感染拡大が収まりませんね。

今回は移動制限はありませんが、登山においてもいろいろと注意しなければならないことがあると思います。

登山そのものは屋外の活動であり、コロナ禍では余計プラスの活動と言えると思います。仲間といっしょに行っても現地集合ならリスクはほとんどありませんね。でも乗り合わせて行くとなったら60歳以上の人なら4回目のワクチン接種を受けたり、車内では不織布マスク使用、窓を開けるなどの換気、乗車時のアルコール消毒など行えればぐっとリスクは下がりますよね。登山口までの道中(SA・道の駅・コンビニ等)の休憩場所での注意も必要ですね。

日帰り登山では、このような注意を怠らず実行し、感染防止に努めて山を楽しんでいきたいですね!

しかし、山小屋泊は感染リスクが相当高いと認識すべきです。(私の個人的な意見です)特に北アルプスなどは首都圏や関西方面からのアクセスがよく、人気の山が多く若者が多く訪れる山域です。そもそも山小屋には石鹸で手を十分洗えるような水はありません。いくら宿泊数を半分の人数に抑えている(本当に半分なのかな?)といっても十分な換気は望めませんし、コロナ一年目の緊急事態宣言解除後に行った山小屋の対応も、小屋によってまちまちでした。雨の日などは余計換気は難しいのではないでしょうかね。

現に大規模な山小屋でも、スタッフや宿泊客がコロナ感染し、休業していた山小屋もあり、現在も感染者が出ている山小屋もありますので、こんな状況下でも行く計画をしている方は、十分調べてから出かけることをお勧めします。

 

いくら重症化せず軽症で済むと言われていても、感染者数が増えればそれだけ病床使用率も上がるし、普通に医療が受けられない現状があります。医療現場からは大変な状況が毎日報道されています。自分がもし脳梗塞で倒れたら、果たして助けてもらえるのか?交通事故で瀕死の重傷を負ったとしたら救急車は来てくれるのだろうか?・・・普段から定期的に医療のお世話になりながら普通の生活が成り立っている身としては、いろいろ考えてしまうこの頃です。

 

スイカができた!

イカができた!

食べごろ!

2週間ほど前からスイカができていましたが、しばらく採らずにいて数日前の日中に一番大きいのを採ってきたところ、この暑さも手伝ってか中が熟れすぎていました。

今度は早朝に収穫してみようという事で、今朝ゲンさんが一輪車いっぱい採ってきました。(これが最後)

毎年種を蒔いて自分で苗を作っていたのですが、昨年からは苗を買っています。

今年は6月からちゃんと畑仕事をしておらず、畑一面草だらけ!それだけでなく草丈ももう笑うしかないくらい伸びてしまいました。

私がしたスイカの作業は、マルチして苗を植えただけでした。なんとなく忙しく気忙しく植えっぱなしで、ゲンさんが「スイカどうするんだ、延びているぞ。」「スイカ草だらけだ」と言われても、あの暑さと他にしなくてはならないことが・・・

呆れたゲンさんが草を取り少し世話したので、スイカもカボチャも草の中から引っ張り出して採るような状況ですが、どうにか食べられるようになりました。(笑)

やっと庭のブルーベリーにネットを掛けました。
早生品種のものはとっくに鳥のエサになってしまいました。

これ1本で結構収穫できます。

草むしりのついでに枝のほとんどをバッサリ切ってしまった、
誰も食べない「ブラックベリー

今年植えた「クレマチス」は次々と花を咲かせています。

草にならぬようにと道端の花壇に植えた「芝桜」も、草にならないどころか草に埋もれてしまいました。やっとのことで除草にこぎつけましたが、せっかく伸びた芝桜もあの長雨+草でだいぶ傷んでしまいました。土の表面がすべて芝桜で覆われるようになるまで草との戦いです!

赤城ほぼ全山縦走

赤城山全山縦走

7月24日

コロナ感染拡大で予定していた山行を中止せざるええない状況になっています。

レーニングを兼ねて、前からやってみようと思っていた「赤城山全山縦走」に行ってきました。

<コースタイム>

姫百合登山口5:45~鍋割山6:40~荒山7:40~長七郎山8:50~駒ケ岳~黒檜山10:45~

陣笠山12:40~鈴ヶ岳14:20~新坂平15:45

 

姫百合登山口

鍋割山

荒山

長七郎山

鈴ヶ岳

鈴ヶ岳登山口

新坂平に着いたのが午後4時近く、あとは「地蔵岳」だけなので、頑張れば明るいうちに車を置いた「姫百合駐車場」まで戻れると思ったのですが、冷たいビールの誘惑に勝てず地蔵岳は断念して帰ってきました。(源・記)

 

情けない!かつて私も全山縦走(もちろん地蔵岳も含みますよ)を計画しようと思っており、出張峠から大ダオ(鈴ヶ岳・鍬柄山間の鞍部)に抜けられるルートを探しに行ったことがありました。

私の計画では「南側(鍋割高原)から鍋割山~荒山~八丁峠から地蔵岳往復~長七郎山~後はゲンさんと同じコース取り」というものでした。今なら2回に分けなければできないかな?いつかやってみましょう!(悦子・記)

テント泊登山

焼 山 日本三百名山

7月9日(土)~10日(日)

火打山」「妙高山」とともに「頚城三山」と呼ばれている「焼山」は、S49年の水蒸気爆発によって登山者3名が死亡する事故以来入山禁止になっていましたが、2006年12月全面解禁となりました。

当初は5月に計画し定員いっぱいの申し込みをいただいていましたが、豪雪地帯のため雪が多く安全面を考慮して今回に延期しました。延期にも関わらず、5月に申し込まれた方全員が参加可能とのことでホッとし、当日を迎えました。

日帰りも可能ですが、標準コースタイムだけで11時間30分くらいかかりますので、テント泊・1泊2日の計画を立てました。参加してくださった方々は機会があれば焼山に行こうと考えていた方ばかりです。S夫妻はかなり前から希望を伝えてくれていました。ご参加の皆さん、長年の夢がかなって本当によかったですね!

青空の「焼山」山頂=Kさん提供

山頂に立つゲンさん=Kさん提供

帰りの後半でどしゃ降りの雨に遭ってしまったようですが、山頂を極めた達成感が大きく雨のことなど忘れてしまったようですね!

私が行けなくなってしまったのに、ゲンさんがカメラを持って行きませんでした。
山頂到着時にKさんがラインで送ってくださいましたので、それを使用させていただきます。

なかなか個人では行けないのでしょうね。あれだけいろいろな山に行っているのに、テント泊は初めてという方が殆どなのが驚きでした。(私たちの感覚では、テント泊が当たり前で営業小屋泊はこの仕事を始める前では、子どもが3・5歳の時の雲取山と年中児・小1の時雨になってしまった尾瀬ヶ原の2回だけでした。(笑))

写真を送ってくれたKさんの山頂からのメッセージを紹介します。

「初めてのテント泊、しかも雪上。感激です。」とありました。

みなさ~ん!もっとテント泊や避難小屋泊登山を楽しんでみませんか?

おススメは、11月16日~18日「酉谷山~雲取山」避難小屋泊(テント泊になるかも?)に参加してみませんか!今からしっかりトレーニングを積んでくださいね。

鍋倉山

黒倉山~鍋倉山~巨木の谷

7月20日(水)

雨が続き蒸し暑い日が続いていましたが、天気はよくなる見込みで催行しました。

県境を越え北に向かうにつれて空は雲に覆われていきました。インターを降り進むとポツンポツンと雨・・・こんなはずじゃあなかったのに!

それでも登山口は雨ではなく霧で、雨具を着なくても大丈夫でした。

(上下着用した方はすぐに暑くなってしまいましたね)

ノリウツギかな?登山口に咲いていました。

茶屋池登山口から歩く予定でしたがこんな天気なので、
より標高の高い「関田峠」の登山口から歩き始めることにしました。

このコースは「信越トレイル」の一部で、よく整備された幅広い登山道です。
このように木の幹が登山道に覆いかぶさっています。「障害物競争のようだね。」
と言いながらくぐったりまたいだりしながら歩きました。

エゾアジサイが咲き始め、登山道を彩っていました。涼しそうな色合いですね!

登山道の両側に「ツルアリドオシ」がたくさん咲いていました。

黒倉山山頂

鍋倉山山頂 虫が多く虫よけスプレーでは対処できないほどでした。
虫よけネットの方が有効です。

こんな天気ならではの風景

天気を変えることはできませんので
反対にこんな天気だからこその風景を楽しみたいですね。

鍋倉山を下ると巨木の谷への分岐です。足元が滑りやすい登山道を下ります。

ブナの巨木「森太郎」は今年5月に途中から折れてしまったそうです。
この巨木を見るために訪れる人もいるので残念なことですね。

下山口(巨木の谷登山口)は10年近く前行った頃より更に入口がわかりにくくなっていました。この道路を少し上がった左側に広い駐車スペースがあります。

下山時には皆さん滑って転んでしまったそうですが、ケガがなくてよかったです!昨夜の雨で、登山道がだいぶ悪くなっており誰が滑ってもおかしくない状況でした。こんな状況下にご参加くださいました皆さまお疲れさまでした。

登山教室

登山教室

群馬県山岳連盟が主催する「登山教室」をご案内いたします。

期日:①8月29日(月)19:00~21:00 開校式 地形図の基礎とその利用

   ②9月5日(月)19:00~21:00 地図とコンパスの利用 

                    GPSスマホの利用

   ③9月10日(土)8:00~15:30 登山実技「榛名山

   ④9月17日(土)8:00~15:30 登山実技「榛名山

   ⑤9月20日(火)19:00~21:00 登山計画書 山のファーストエイド

   特別講習:2023年2月25日(土)スノーシュー講習

上記のような日程・内容で行われます。基礎から学んでみたい方や興味のある方は、群馬県山岳連盟のHPをご覧ください。申込書をダウンロードできます。私の手元にも申込書がありますので、必要な方はご連絡ください。

かつてゲンさんも、群馬県山岳連盟でこの活動を担当していました。私たちは山岳会で育ったので、先輩の方々からいろんな知識や技術を教えていただきましたが、個人で登山を始めた方々は、基礎的な知識や技術を習得する機会がなかなかないと思います。興味があったら是非参加してみてくださいね!

東北・福島の名峰

磐梯山安達太良山ー沼尻コースー

二座ともにハードなコースの山行でした。前回の東北の山三座は天気がよくなくて残念でしたが、今回は暑さとの戦いの山行となりました。

磐梯山 猪苗代スキー場登山口8:15~稜線11:35~磐梯山12:40~銅沼15:20

     ~裏磐梯スキー場登山口16:00

7月2日(土)

スキー場を上がって見える「猪苗代湖

スキー場の草原で強い日差しに照らされた後は木陰で休憩!

コウリンタンポポかな?
だとするとヨーロッパ原産の外来種で標高が高いエリアに繁殖が広がっているようですね

コケイラン

こんな荒々しい磐梯山の景色が見えてきました。

ハクサンチドリ

ベニバナイチヤクソウ

沼の平

稜線に出て今までと全く違う爆裂火口を見下ろします。右のピークは櫛ヶ峰

檜原湖

山頂から見る猪苗代湖

八方台駐車場には車が止められず、付近の路上もいっぱいでした。
それくらい混雑した夏山登山日和の磐梯山です。

翌日登る「安達太良山」がよく見えます。

ギンリョウソウ

銅沼に映る爆裂火口壁

裏磐梯スキー場を下ります。

スキー場に咲く花々

暑い一日が過ぎました。汗びっしょりになりましたが、清々しい気持ちの一日でした。

 

沼尻コースで安達太良山

沼尻登山口6:45~船明神山9:35~安達太良山10:20~鉄山避難小屋11:40~胎内潜り12:30~沼尻鉱山跡13:45~胎内コース分岐14:10~沼尻登山口14:50

7月3日(日)

沼尻スキー場トップまで車が入り、広めの駐車場があります。

白糸の滝

シラタマノキの花

モウセンゴケ?登山道の一段高くなった場所のここだけで見ました。

左側が開けると硫黄沢の帰りのコースがが見えるようになります。

ハクサンシャクナゲが見られるようになりこの後もいっぱい咲いていました。

サラサドウダンは帰りのコースにも、た~くさんありました。

ハナニガナ咲く登山道

マイヅルソウには実が付いています。

サラサドウダンだけでなくウラジロヨウラクも見られるようになってきました。

沼の平

優しい色ですね

マルバシモツケもいっぱいです!

ゴゼンタチバナウラジロヨウラク

とっても優しい色

ツマトリソウ

イソツツジとアカモノ

鮮やかな色!(ベニバナドウダン)

クロマメノキの花もたくさん咲いていました。秋には実がいっぱいなんでしょうね!

沼の平と鉄山

船明神手前の池と奥のピークは安達太良山

オノエラン咲く岩場から磐梯山を望む

岩場を抜ける

先ほど通過した池や下山ルートを見る。

沼尻登山口分岐へ登り返します。

船明神山へ往復し戻って分岐から安達太良山に向かいますが、
この下りがガラガラで滑らないようみんな慎重に下りました。

沼の平と左側は登って来たコース右側は下山コース
真ん中遠くに見えるのは残雪の飯豊連峰

安達太良山に向かう

ザックを置いて山頂へ

雪のない時に来たのは初めての「安達太良山」山頂

山頂からみた船明神山とその向こうに磐梯山

反対側の矢筈森と鉄山

鉄山に登る

鉄山への登りには「オノエラン」がいっぱい!こんなに見たのは初めてです。

鉄山

鉄山避難小屋と箕輪山

避難小屋付近で昼食にして下山 
ここは「石楠花の塔」磐梯山を目の前に見ながらの下山です。

沼の平の向こう側は登って来たコースと安達太良山・船明神山

「胎内潜り」ではゲンさんがザックをおろし這うようにして通過

全員分のザックを先に通して一人づつ通過した「胎内潜り」

潜った先でザックを再び背負う

潜り終えた「胎内潜り」を振り返る 下の岩の上を腹ばいのようになって潜ります。

胎内潜りからは段差の大きい激下りでした。

温泉はどこかと小さな流れに手を入れてみるが冷たいね。早く足湯に入りたい!

「ねぇ、ゲンさん温かい?」「これは行けそうだ!」

「ワぁ~気持ちいい!」

私は橋を挟んだ上流で足湯 これがしたかったんです!
今回のコース私の最大の楽しみでした。

もっと上流からパイプで流れてきている源泉

ここを登り返して登りコースの尾根に上がります。

シャクナゲ咲く尾根に戻りました。

登山口に戻りました。

この「沼尻コース」はFBつながりの友だち(福島県在住)が、花もたくさんあるこの時期を紹介してくれていてとっても魅力を感じたとともに、「田部井淳子さんが愛したコース」との紹介文でしたので、余計魅力的でした。
歩いてみて、期待通りどころか期待以上のコースでした。参加してくださった皆さんの中には安達太良山には登ってたことはあるけど、このコースは皆さん初めてでとっても喜んでくれたのが、私にとっての喜びにもなりました。
何といってもコース最後の「足湯」は、なかなか経験できるものではないのでとってもよかったです!(足湯なんて言ってないで、ほんとうは自然の中で温泉に入りたかったですよね)
とにかくFBつながりの友だちに感謝です!
充実の「福島の名峰」の山旅でした。